こないだから取り組んでる練習です。

テークバックの次に腰から切り返してタメを作ってクラブがあとから来るようにして時間差をつけて打つわけですが、

それを結構間違えて理解してしまうんですよね。

タメを作るといって体からグリップそのものが遅れてきてしまう場合が多いです。

それは振り遅れ。

 

そうではなくて、グリップは体の前から離れないようにして、腕とグリップまでで三角形を作って

その形は崩さずに、クラブヘッドだけを遅らせてくるのが「タメ」。

 

腕と腕の間にボールを挟んで練習するといいんですが、ボールを使ってどういう状態が良いスイングなのかを

コーチが説明してくれました↓

 

ボールを落とさなければ正しい動きをしてるということで、

なるほど~~!と思って早速スイング。

 

 

ほんまにこんなに寝かせてええんかいなと心の中ではたいがい疑念が(笑)

 

でもいつも例外なく、コーチの言うとおりにするとコーチの言うとおりに、スイングがめっちゃ良くなるんですよww

 

で、この感じで振ってみたのがコレ↓

 

アイアンの飛距離が10ヤードくらい伸びましたww

 

完ぺきにはできてないと思うんですが、ヘッドがビュッ!!!って走るのがわかります。

動画を見る限りはめっちゃゆったり振ってるように見えますが、スピード感は全然違うんですよ。

自分で振りにいくよりも断然ヘッドスピードが出るので、怖くて右手を離しそうになりました(思わず離れてしまったショットも何回かあった)。

 

見た目かなりゆったりと力入ってないように見えます。

こんな感じでいかにも必死で振ってないっていうように見えるのが実は、一番無駄がなくてヘッドスピードが出て強い球が打てるんですよね~

 

毎度コーチの教えてくれることはめっちゃ難しいんですが^^;

私みたいなまったくのアラフィフアマチュアゴルファーにも惜しみなく丁寧にプロのスイングを教えてくれるのでほんとにありがたいです!

必死で着いていくぞーっ

 

で、続きなんですが

右肩がしっかり後ろに開かないので、その感じをつかむために教えてくれたのが

「クロスハンド」でテークバックしてみる、っていうこと。

クロスハンドでテークバックしたときの右肩の位置が正しい位置ってことです。

これはまた次の記事に書きますね!

 

クロスハンドでテークバックの位置とタメのときの手の位置を覚える→